読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピマガ

「トレンド情報発信ブログ」 ©2015 スピマガ

》アマゾン「お坊さん便」注文増

首都圏では大量の死者をさばききれない、深刻な状況にある。

火葬場は過去に例がないほどの“混雑”となっている。

そのため、横浜市名古屋市などの一部の斎場では、これまで「友を呼ぶ」ということで避けられていた友引の葬式や火葬を行なうところも出てきた。

 

火葬場が混み合う理由については、葬儀場での葬式を省略し、火葬場でお別れをする“直葬”の増加が影響しているとみる専門家もいるという。

簡略化の波は、僧侶の手配にまで及んでいる。

 

葬儀関連のベンチャー企業「みんれび」は、2015年12月にアマゾンで僧侶の手配サービスの販売を開始した。

その名も「お坊さん便」。

ネット上で「法事法要手配チケット」を購入し、日時と場所を指定すれば僧侶がやってきて、お経をあげる。

 

価格は3万5000円から。

●詳しくはこちら→|アマゾン「お坊さん便」

headlines.yahoo.co.jp

 

 

終活とは編集

  • 人生の終わりをより良く終えるための生前の活動のこと。自分らしく「旅立ち」を迎えることが目的。 「就活」や「婚活」から派生してできた言葉。 活動内容老後資金の準備病気や死亡時の資金準備年金整理お墓の選定葬式の準備遺言書等、相続の準備リビングウィ.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログ (今週 7 件) を見る
 





Googleサーチコンソール Googleアナリティクス