スピマガ

「トレンド情報発信ブログ」 © 2015 - © 2017 スピマガ

》【長生きしてほしい!】愛犬の長寿のための鹿肉+マクロビレシピのドッグフード

 

愛犬の健康寿命の鍵は『腸』と『歯』にあった!

 

『熟成鹿肉&マクロビオティック発酵ドッグフードによる腸活』×『食べる歯磨きによる口腔ケア』を同時にケアする強力2点セット!

 

◆食材のこだわり◆

熟成鹿肉メイン使用→「高タンパク+低脂質」で、オオカミを先祖に持つ犬は本能をくすぐる大好物の肉。

マクロビオティック素材→犬に相性のいい無農薬野菜、酵素、乳酸菌などマクロビ発酵フードで腸活を実現。

歯の健康→口腔ケアと腸内ケアを目的とする成分を粉末化。

ドッグフードにふりかけるだけの歯周対策。

グロビゲンPG(特殊卵黄)・フェカリス菌(特殊乳酸菌)・乳酸菌、納豆菌や青パパイヤ等の酵素配合。

 

長生きする犬を調査すると、実に興味深いことが分かってきました。

それは、長寿犬は、「腸内環境」がいいというだけでなく、口の中、つまり歯や歯周菌などの「口腔環境」がいい、という傾向があるということです。

口腔環境は、単なる歯の歯周菌や虫歯だけでなく、唾液の質や量、食欲、消化、内臓、新陳代謝、脳の働きなど様々に影響を与えるからです。

 

<犬の歯磨きの難しさ>

犬の歯磨は、『面倒くさい』『嫌がる』『続かない』などの声をよく聞きます。

動物病院で、歯周ケアやホワイトニングをしようとすると、麻酔の必要があり治療費は5万円前後と言われています。

食べるだけで歯磨き・口腔ケアできるマウスクリーンパウダーで腸と歯の健康を同時ケアできるようになりました。

 

一見、高く感じるかもしれませんが、小型犬では1食(30g)で113円、中型犬(60g)226円、大型犬(90g)339円です。

将来的な病気にかかる費用と、元気に長生きを考えたとき、本当に安いのか?は実は一目瞭然です。

 

獣医師、ペット栄養管理士、愛犬家のみなさまと協力してつくりあげました。

 

●詳しくはこちら→|【長生きしてほしい!】愛犬の長寿のための鹿肉+マクロビレシピのドッグフード

ドッグフードとは編集

 
訪問:回目