スピマガ

「トレンド情報発信ブログ」 © 2015 - © 2017 スピマガ

》通院・災害時でもペットを思いやれるリュック【ペットキャリー GRAMP】



犬や猫などペットを飼われている方へ。

 

離飼い主とペットとがいつ体験するかわからない、「災害」を想定して設計されています。

 

災害時でもペットを思いやれるリュックというのは、日常でも居心地の良い空間にできるのではないかと考えたためです。

 

ちゃんと考えておきたい「もしも」のこと。

犬も猫も人間の7倍の速度で年を取る。

 

いつかは来るとわかっていた「通院、介護」、いつかは来るとわかってはいる「災害」、「もしも」を想定すると、もっと優しくなれる。

 

一緒にいられる時間を、もっと大切にできる。

 

●詳しくはこちら→|通院・災害時でもペットを思いやれるリュック【ペットキャリー GRAMP】

災害とは編集

  •  広く「わざわい」を意味するが、人為の力が大きい現代では、多くの事象を含めることができる。 「火災」・「水害」のように使うから、「災」と「害」はほぼ同じ意味であることが解かる。 「災」の字自体、上の3画は「サンズイ」、すなわち「水」を意味し、.. 続きを読む
  • このキーワードを含むブログ (今週 95 件) を見る
 
広告を非表示にする
訪問:回目